パーマネントマットバーニッシュのテスト

おはこんばんちは〜、つくるカフェのスイです♪

 

パーマネントマットバーニッシュを導入したので

早速テストしてみました(*'▽')

パーマネントマットバーニッシュとは、アクリル絵の具のリキテックスの

絵用のニスなんですけども

アマゾンの21件のレビュー中18件が違う用途のレビューという

模型界隈で人気の商品です(・∀・)

 

その違う用途とは、フィギュアやプラモのゆるゆる関節を渋く調整する事。

関節に限らず、太らせたい軸とかにも使えるだろうという事で

 

この子に実験台になってもらいます。

鉄血のオルフェンズ外伝月鋼(げっこう)よりガンダムアスタロトくん。

アシンメトリーなデザインが気に入って組んだのですが

塗装に備えたピン処理をどうやら切りすぎたらしく

 

腰回り胸周りがぐらんぐらん。

ちょっとした事でばらばら死体になってしまいます(´・ω・`)

かれこれ1年程経ちましたがいい加減直したいと思います。

 

こちらがパーマネントマットバーニッシュ。

赤で何か書いてあるな…どれどれ

 

よくかき混ぜてから使えとのことですので、竹串で混ぜて

そのまま竹串の先で塗りました。

薄めても使えるそうですが、かなりシャバシャバなテクスチャなので

そのままで大丈夫だと思います。

違う所に垂れやすいので気を付けて下さい。

ふき取っても目立つというレビューがありました。

 

30分位放置で乾いたかな?

竹串に残った液で乾き具合を見ました。

乾くと半透明ですね。マット仕上げですからね。

 

まずはエイハブリアクターの所

おお!がっしりした!

そして胸装甲もしっかりくっつきました!

 

何一つ伝わらない写真ですが

こけても10cm位落下してもバラバラにならなくなりました(∩´∀`)∩

↑前はこれであかんかったのですよ…

 

今回は軸を太らせるのが目的でしたので乾いてすぐに組み上げましたが

関節の場合は1〜2日放置する方が良いというレビューがありました。

外せない関節の塗り方などもレビューにありますので詳しくはそちらを。

世の中には親切な方が溢れていますね〜(*´ω`*)

 

いらんところに垂れちゃうと厄介なのと

乾いても半透明というのがデメリットといえばデメリットですが

これまで主流だった木工用ボンド水溶きに比べて塗りやすく

効果も優れていると思いました。

もう一つの主流の瞬間接着剤の、関節ががっちり固まっちゃう失敗も無いので

良い方法だと思います(*‘∀‘)

 

結構な量が入っているのでほんのちょっと使いたいという方は

当店のを使って頂いて大丈夫ですよ(*'ω'*)

 

今日もお読み下さりありがとうございました〜(*´▽`*)ノ

JUGEMテーマ:模型製作


2017.10.08 Sunday | マテリアル22:54comments(0) | - | by つくるカフェkawai i naruki
コメント
コメントする