小松Gクラブ 模型作品展示会(2017秋)に行ってきました(2)

おはこんばんちは〜、つくるカフェのスイです

 

おおおお久しぶりです…(;´Д`)人

ちょっと色々ありましてなかなか記事を書けず

気が付けば今月更新1回しかしてねえ!Σ( ゚Д゚)ヤベエ!

しかも展示会報告の途中だっていう!

楽しみにしてて下さった皆様本当に申し訳ありません…

 

さてそれでは前回の続きになります。

「HEINKEL He162A-2 SALAMANDER」

「第二次大戦末期 ドイツ空軍の単発ジェット機として

計画開始から部隊配備まで7ヶ月という短期間で実用化された機体。

終戦間際の3月末に実働体制に入り、1ヶ月余りの短い戦歴の中でも

イギリス空軍の戦闘爆撃機「タイフーン」を撃墜した記録も残されている」

 

「零式艦上戦闘機」

 

「流星改運用試験」

「流星改に爆弾の搭載実験の様子をジオラマにしました。流星改は、

フォールデングウイングの流星改を使用し、主翼を畳んでいる状態にし、

九九式中爆弾車は、ドイツ式なのでレベルの地上支援機材の

ドイツの爆弾搭載機をそのまま流用しました。

フィギュアは、エデュアルドのアメリカ海軍の整備兵を帽子を加え改造して使用しています。

運用試験なので、主に整備幹部が搭載作業をしている設定です」

 

「晴嵐整備隊急速錬成中」

 

「青の投弾線」

プロペラが本当に回っていました。飛んでる感がいいですね!

 

のんたん氏作「プチッガイ」

「小2の娘が製作」

最年少参加者さんじゃないでしょうか。可愛いですね〜(*´ω`*)

 

Tom氏作「VF-31A スーパーカイロス」

「VF-31JをベースにVF-31Aのパーツを組み込み製作」

マクロスモデラーズでも紹介されたこちらの作品は

今当店で展示させて頂いています(*'▽')

 

今回はほぼ飛行機作品のご紹介になりましたね。

お読み下さりありがとうございました〜(*´▽`*)


2017.11.19 Sunday | - | 22:39comments(0) | - | by つくるカフェkawai i naruki
コメント
コメントする